住宅ローン基礎知識

住宅ローンとは

住宅ローンを利用する目的としては、新築や中古マンション、一戸建ての購入や土地、自宅のリフォーム、別荘の購入などがあります。 住宅ローンは大きな金額を長期間にわたって借りるため、安易に決めるのではなく、将来を見据えた計画性を持って申し込むことが大切です。

ローンは大きく分けて2つに分けることが出来、公的融資と民間融資と呼ばれるものになります。

ローンの民間融資とは、銀行や保険会社が行っている融資になり、最近はテレビコマーシャルなどでも多くの銀行が宣伝を行っています。

公的融資の住宅ローンに比べて融資の対象審査も厳しくないものの、金利は選んだ銀行や保険会社によって幅がありますので、選ぶ際には比較検討する必要があります。

借り換え

住宅ローンの借り換えとは、低金利のローン会社に変更する事であり、借りていたローンを一括返済して新たにもう一度違う金融機関で契約を行うことをいいます。

住宅ローンの残金が多く金利差が多いほど、借り換えを行うことで軽減額が大きくなるため、メリットも大きくなっています。

住宅ローン借り換えの為に用意する書類も多く、最初に契約を行った時と同じように費用もかかります。

登記費用や印紙税、保証料に司法書士への報酬など思った以上の費用がかかり、元のローンを一括返済するのに手数料も支払う必要があります。

借り換えは諸費用の支払いをしてもメリットがあるのかを充分に確認し、手続きを行うことが大切でしょう。

Copyright 住宅ローン基礎知識 2014